神秘的で魅惑的な香りであるウードは、何世紀にもわたって香水産業の基礎となってきました。しかし、何がそんなに貴重なのでしょうか? ウードの魅惑的な世界を掘り下げて、その魅惑的な魅力を明らかにしましょう。

ウードの由来:森の香り

沈香としても知られるウードは、東南アジア固有の常緑樹であるアクイラリアの副産物です。この大変貴重な香りは、なかなか手に入れることができません。これは、樹木が環境の変化や物理的損傷などの外的要因にさらされたときに形成され、樹木が保護樹脂を生成​​します。時間の経過とともに、この樹脂は心材をウードとして知られるものに変化させます。

Escentric Molecules の創設者で調香師である Geza Schoen の言葉: 「天然のウード、つまり特定の菌がアクイラリアの木に着くと、その香り (エッセンシャル オイル) が生じます。反応により樹脂が生成され、ゆっくりと木の中に埋め込まれ、沈香として知られる沈香が生成されます。ウードを浸し、蒸留と蒸発の方法を使用してオイルを開発します。」

興味深いことに、ベトナムにはウードの収穫に関する重要な歴史があり、ベトナム戦争中に森林爆撃により多数のアクイラリアの木が損傷し、次世代のウードの成長が始まった際に意図せず刺激されてしまいました。

ウードの香りの魅力

ウードは、強力で持続性があり、深く層状になった香りを提供します。温かくムスキーで、ほんのり甘く、動物的な香りが特徴で、塗布後も香りが長く残ります。ただし、沈香の産地によって香りが異なります。

ジボダン社の上級調香師、オリヴィア・ジャンの言葉: 「[ウードの]各バージョンには、ハーブからウッディまで、独自の嗅覚特異性があります。他の国では、ラオスのアクイラリア・クラスナや中国のアクイラリア・シネンシスなど、さまざまなバリエーションがあります。」

ウードの文化的意義

ウードは中東で文化的、精神的に重要な地位を占めており、「神々の森」として知られています。イスラム文化の定番であるウードは、宗教儀式や家庭用芳香としてよく使用されます。また、香りのよい軽食としてゲストに提供されるのが慣例でもあります。

ウードの世界的な人気

近年、特に西洋諸国でウードフレグランスの需要が急増しています。この傾向は、Google でのウード検索の増加や、さまざまなブランドが発売するウード フレグランスの数の増加に反映されています。

フィルメニッヒの主任調香師フランク・フェルクルの言葉: 「ウードは、世界で最も希少で最も高価な木材の一つから採れる貴重な原料であるため、中東では伝統的に黒い黄金として知られています。」

ウードの独自性

ウードは、その独特の嗅覚特性により、他の香りの中でも際立っています。着用者の肌の化学反応と共鳴し、その麝香さを増強し、同時に親密で動物的なオーラをもたらします。

フランク・フォルクルの言葉: 「わずかに革のような動物的な側面を持つフレグランスに、独特の木の温もりを与えます。これはドライダウンに深みと官能性を加えるユニークな方法であり、確かに最も長続きする香りの 1 つです。私たちがパレットに使用している長持ちする成分です。」

需要の高まりと課題

ウードの需要が高まっているため、ウードは希少品となっています。ウードが自然に形成されるまでに数十年かかることを考えると、供給量は限られており、その価格は天文学的なものになります。ウードの生産を刺激するために木に人為的に感染させようとする試みにより、状況はさらに悪化し、その結果、これらの木が枯渇してしまいました。

需要と供給のギャップに対抗するために、合成ウードが実行可能な代替手段として浮上しました。合成ウードは持続可能性の問題に対処するだけでなく、フレグランスの安定性と寿命を向上させます。

ジボダンの上級調香師、ジャック・ユクリエの言葉: 「米国における現代のウードは、天然成分と合成成分のブレンドです…[合成物質により]調香師は他の側面との特性のバランスをとることができるため、ウードの香りに新たな複雑さをもたらすことができます」もっとスパイシー、素朴、革っぽいなど。」

現代の香水におけるウード

ウードは、この興味深いノートを特徴とする人気のフレグランスが数多く作られ、現代の香水に大きな影響を与えています。著名な例としては、Les Vides AngeのBonjour Madame、Tom Ford Oud Wood、Byredo Our Immortel、Maison Francis Kurkdjian Oud Satin Moodなどがあります。

ウードと他の香りの組み合わせ

ウードの多用途性により、さまざまな香り、特にバラのようなフローラルノートと調和して組み合わせることができます。この組み合わせにより、ウードの力強さとローズの繊細でしっとりとした香りの間に魅惑的なコントラストが生まれます。

ウードの強力な性質のため、ウードを着用するには注意深いアプローチが必要です。少量でも印象に残るので、香りを印象に残したい人にぴったりです。

結論

フレグランス界におけるウードの将来は有望です。合成ウードの開発と相まって、西側市場での人気の高まりにより、その世界的な範囲と魅力が拡大する予定です。

貴重な宝石のように、ウードには世界中の香り愛好家を魅了する独特の魅力があります。その豊かな歴史、文化的重要性、そして謎めいた香りにより、香水の世界で時代を超越したクラシックとなっています。次回フレグランスストアに行くときは、ウードフレグランスの魅惑的な世界を探索することを忘れないでください。