香水愛好家なら、おそらくジャバノールについて聞いたことがあるでしょう。しかし、それは正確には何でしょうか?そしてそれはどこから来たのでしょうか?ジャバノールは、1960年代に初めて作られた合成香料成分です。ジャワシトロネラ植物の精油から抽出されたもので、スパイシーでウッディな香りがします。

その長い歴史にもかかわらず、ジャバノールについてはほとんど知られていません。これは合成成分であるため、天然に豊富に存在するかどうかを研究する必要はありません。また、商業用フレグランスに使用されているため、その作り方はフレグランス会社によって厳重に守られています。では、このとらえどころのない香り分子について、私たちは何を知っているのでしょうか?続きを読んで調べてください!

ジャバノールの香り

ジャバノールは、白檀に似た麝香で木の香りがあり、スパイスの香りが漂います。これは、多くのニッチな香水のベース ノートとして使用されることが多く、フレグランス内の他の香りの基礎となることを意味します。このように使用すると、ジャバノールは香りに丸みを与え、香りを長く持続させるのに役立ちます。

ジャバノールは香りが強いため、通常は非常に少量しか使用されません。使用量が多すぎると、フレグランスに含まれる他の成分が優先され、不快な臭いが発生する可能性があります。ただし、ジャバノールを控えめに使用すると、オードパルファムに深みと次元を加えることができます。

ジャバノールの起源

ジャバノールはジャワ シトロネラ植物のエッセンシャル オイルに由来します。シトロネラは、東南アジアやアフリカなどの熱帯気候で育つ草の一種です。油は水蒸気蒸留と呼ばれるプロセスを使用して植物から抽出されます。

ジャワシトロネラオイルは、何世紀にもわたって伝統医学や防虫剤として使用されてきました。化学者がシトロネラ油からジャバノールを合成する方法を発見したのは 1960 年代になってからでした。それが実現すると、ジャバノールはすぐに商業香料会社の間で人気を博しました。

その長い歴史にもかかわらず、ジャワシトロネラ植物のエッセンシャルオイルに由来する合成香料成分であるジャバノールについてはほとんど知られていません。私たちが知っていることは、スパイスのヒントを伴う麝香で木のような香りがあるということです。通常、ニッチな香水会社でベースノートとして使用されます。控えめに使用すると、香りが丸くなり、香りが長持ちします。次回、お気に入りのフレグランスをふりかけるときは、空気中に漂う複雑な香りをじっくりと味わってみてください。その香りの 1 つがジャバノールかもしれません。